蔵元屋

焼酎について

焼酎の基礎知識

焼酎とは?

古くから農村では酒粕を農作の肥料として使っており、その際に酒粕のアルコール濃度を下げるために蒸留を行っていました。その副産物として生まれたのが「焼酎」です。

焼酎の原料

焼酎の種類には、芋・米・麦・黒糖・とうもろこし等、多くの原料があり、その特性を活かしたものが造られています。昔、清酒を造る際のお米はとても貴重であり、南九州の気候が温暖で清酒造りに適さなかったため、麹と水だけで仕込む1次仕込みと、主原料を発酵させるという2次仕込みという醸造法により、様々な原料を使った焼酎造りが発展しました。

甲類・乙類について

甲類焼酎と乙類焼酎という名称は1946年に制定された酒税法上の区分です。 この両者の違いは蒸留法とそれに伴う原料にあります。

焼酎の醸造法

下記は純米製焼酎の醸造工程です。焼酎の製造には麹が使われ、原料の違いによって米、麦、芋など種類の違う焼酎となります。

純米製焼酎の醸造工程
焼酎の種類
米焼酎
米を原料とした焼酎の代表は熊本の球磨焼酎です。良質の米と、 水に恵まれた人吉盆地で、江戸時代より盛んに酒造りが行われてきました。また酒造りが盛んになった理由として、藩が自家用に焼酎をつくることを制限しな かったのと、販売する場合の許可が比較的容易にとれたからだとされます。上品な香りと米の旨みを、最大限に活かした球磨焼酎。近年では、爽やかでフルー ティーな香りと端麗な味わいをもつ、吟醸酒並みの米焼酎も登場し、話題にのぼっています。 お米
麦焼酎
麦を主原料とした焼酎、古くは産地が限定され、それは長崎県壱岐島の特産と言えるほどでしたが、現在では大分県などでも広がり主力となりつつあります。一口に麦焼酎と言っても壱岐の麦焼酎は原料に麦を、麹には米を使用して常圧蒸留を行ったもので、大分地方の麦焼酎は原料から麹まで一環して麦を使用し、イオンろ過・減圧蒸留したものと違いがあるのです。大分の麦焼酎の方がマイルドな味わいで、現在では全国的に主流となっています。 お米
芋焼酎
サツマイモ(鹿児島では「から芋」と言います。)を主原料とした焼酎の代表格。穀類に比べ、でんぷんの含有物が少なく水分が多い為、長期保存には適しません。そのため酒類の原料としては本来不向きと言えます。そのため世界中で広く栽培されるサツマイモと言えども、酒類の原料となっているのは、焼酎だけなのです。新鮮な材料の確保、さらに徹底した選別作業が酒質の良否を決定づけます。いも焼酎がサツマイモの主産地である鹿児島県・宮崎県南部に集中するのはそのためです。その他のいも焼酎の産地としては八丈島などもあげられ、サツマイモの風味、やわらかい甘さが親しまれています。 代表的なサツマイモの種類は「黄金千貫」(コガネセンガン)です。 さつまいも
焼酎のおいしい飲み方いろいろ
水割り・お湯割り

水割りもお湯割りも5:5や6:4が人気ですが、お好みでOKです。焼酎は伸びが効くので、水の割合が9割 になっても焼酎の香りは楽しめます。

※お湯割りで飲みたい時、お湯を先にグラスに注ぎ、後から焼酎を入れるのが基本です。温かいお湯を先に注ぐことで、後から注がれる温度の低い焼酎はグラスの底まで行き渡り、お湯と焼酎がじっくりと混ざりますし、最後まで温かいお湯割りを楽しむ事ができます。

黒ジョカ

水と焼酎を馴染ませる。焼酎を水で割って数日置くと、互いが馴染んでなめらかな味になります。これをゆっくりと温めて人肌のぬる燗にして飲むと「燗付け」という飲み方に。夏ならお好みの割合で作って冷蔵庫に保存しても良いでしょう。ちなみに常温の方が馴染みは早いです。

ロック

氷だけで焼酎を飲む場合は、氷が少し溶けて焼酎と馴染んだ所が美味しく感じる瞬間です。氷 を先にグラスに入れてから焼酎を注ぐと爽やかな清涼感を楽しむ事が出来ます。グラスをあらかじめ冷やしておくのも良いでしょう。

ストレート

原酒や度数が高い焼酎にお勧めです。焼酎のコクと香りが楽しめる飲み方。 冷やして飲むと焼酎がトロリとし、まろやかな味が広がります。

その他の飲み方

玉露茶割り、そば湯割り、カボス割りなどお好きな飲み方でお楽しみください。

Copyright © 2017 蔵元屋