蔵元屋

常楽酒造

常に楽しいひと時を。
______17.jpg

大正元年創業の常楽酒造は原料と品質と製造方法にこだわり、大量生産ではなく、伝統の製法をかたくなに守り続けています。

また、温度変化のの少ない地中に埋没して、安定した焼酎づくりを行っており、焼酎原酒を樫樽で長期貯蔵、熟成しています。

常楽酒造は樫樽貯蔵を球磨人吉でいち早く取り入れた蔵元でもあり、樫樽貯蔵庫には約800本の樽があり、その中で焼酎原酒がおだやかな四季の流れの中で熟成の眠りを刻み、目覚めの時を待っています。

お薦めの焼酎は「秋の露 樫樽貯蔵」       秋の露とは「秋の稲穂に露が付いている」様子をイメージしたネーミングです。

______13.jpg

創業1912年

HP

http://www.joraku.co.jp/

    
TEL0966-22-6930

住所熊本県球磨郡錦町2577-13


______2.jpg

取締役工場長 前田 豊氏

原料と品質と製造方法にこだわり、大量生産ではなく伝統の製法をかたくなに守り、製品のひとつひとつがお客様に納得して頂けるような商品づくりを目指しています。


蔵元のオススメ


PID166_SML.jpg秋の露 樽

お薦めの飲み方はロックまたは、ハイボール風。

厳選された原料米で製造した純米焼酎を、さらに樫樽で貯蔵熟成したこだわりの商品です。

古酒特有の深みのあるコク、旨みが堪能できる一品。


PID170_SML.jpg剣豪 蔵人佐(くらんどのすけ)

お薦めの飲み方は、お湯割り。

錦町を代表する剣豪「丸目蔵人佐(まるめくらんどのすけ)」の名を冠した芋焼酎。

地元、錦町で作られた小金千貫と清流球磨川の伏流水を原料に蒸留された本格焼酎です。


 
Copyright © 2020 蔵元屋